中古ブランド衣類の、買い取りについて。取引対象となるケースをまとめました。

高値がつくのは、ハイクラスなブランドに、違いないのかもしれませんが、宅配買取ブランディアでは、百貨店内で販売されている、あらゆるファッションブランドも、幅広くカバーしています。

ブランド ショッパー

女性の方は、ショッパーをコレクションしてしまうこと、ありませんか?

ロゴを見るだけで、どんなブランドの服を買ったのか、思い出せますし、クローゼットに眠ったままになっている、服の整理(発掘)になりそう(笑)

手持ちのブランド品で、取引が可能か、ブランディアのサイトでは「ブランド名検索」が行えます。

capture-20130716-001617

季節・流行・経済の市況によっても、買取可能なブランドに、変動が出るそうなので、売り時を見極めましょう!

中古ブランド衣類(買取りOK/NG)一覧表

代表的な買取例に基づいて、まとめました。

買い取り可能なケース(OK) OK 買い取りできないケース(NG) NG
軽度の汚れ・シワ ノーブランド衣類 ×
タグの取れかけ ひどい汗シミがある ×
首まわりが伸びている 服の虫食い・穴あき ×
裾がほつれている 色褪せ・変色したもの ×
ボタンが取れている ブランド・品質表示タグなし ×
裾詰め・丈を直している 香水の匂いがついた服 ×
デザインが古くなった服 タバコの臭いがついた服 ×

その他、買い取りできないアパレル(服)には、「ウェディングドレス」「着物・袴・帯」「子供服」「下着」などがあります。

査定前にチェック お手入れ方法

基本は、状態の綺麗な物のほうが、高評価へと繋がります。 

クリーニングに関しては、通常の洗濯で取れる、軽度の汚れならば、そのまま査定へ出してしまっても、大きく評価が下がることはないそうです。

シミ抜きなど、特殊なクリーニングが必要な場合は、かえってお金をかけてしまう事になるかもしれません。査定前には、負担にならない、ホームクリーニング程度がおすすめです。

服の表面だけでなく、裏返してチェックすると、コンディションの確認になります。

ブランディア査定 ポイント

査定する、ブランディア側が重視するのは「ブランド表記」と「デザイン性」です。

タグが付いていることは勿論、ファッションは、流行により、相場データも変わりやすいため、洋服に関しては、着なくなったら、早めのリサイクルを考えたほうが良いかもしれません。

シーズンオン/オフシーズンによっても、査定額が異なる為、夏物は4~8月、冬物は9~12月頃が売り時、という事になります。